抜けた歯を補いたい【インプラント】

インプラントをお考えの方へ

インプラントをお考えの方へ

歯を失ったときの治療といえば入れ歯が一般的ですが、最近は見た目と機能に優れたインプラントを選ぶ方が増えています。入れ歯より治療費は高額ですが、当院では金額に見合った価値がある治療だと考えています。では、インプラントと入れ歯、ブリッジにはどんな違いがあるのでしょうか?

インプラントと他の治療の比較

  インプラント 入れ歯(一部保険適用) ブリッジ
(一部保険適用)
比較 インプラント 入れ歯(一部保険適用) ブリッジ(一部保険適用)
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもよく噛める
  • 周囲の歯を削る必要がない
  • 簡単な治療で済む
  • 治療費は比較的安く済む
  • 見た目がいい
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくない
  • しっかり噛むことができない
  • 違和感がある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなってくることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな力がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

いかがでしたか? それぞれに一長一短がありますが、当院では他の治療と比べてインプラントがいちばん満足度の高い治療だと考えています。当院がおすすめする理由をまとめると、以下の通りです。

インプラントをおすすめする3つの理由

理由1 噛む力が健康な歯の約8割まで回復する

インプラントは歯を支えている顎の骨に、人工歯根を埋めて固定します。人工歯根はチタン製で、骨としっかりくっつく性質を持っており、健康な歯の約8割の噛む力が回復します。よく噛めることを重視する方には、インプラントがおすすめです。

理由2 見た目がキレイ

インプラントは、入れ歯のように金属のバネを使わずに固定します。そのため、会話や食事のときに口を開けても周囲に気づかれません。「見た目が自然なものがいい」という方からご好評いただいています。

理由3 周りの歯に負担をかけず、長持ちする

歯を一本失った場合、両隣の歯にバネをひっかけて固定するブリッジという治療を行うが一般的ですが、バネをひっかける必要があります。一方、インプラントは人工歯根によって一本で独立して固定できるため、健康な歯を削る必要がありません。

入れ歯の場合
入れ歯の場合
固定するために、両隣の歯にバネをひっかけます。すると、両隣の歯に負担がかかってしまいます。
インプラントの場合
インプラントの場合
一本で独立して固定できるため、両隣の歯に負担がかかりません。
当院のインプラント素材、治療の流れをご紹介します