歯周病の原因と進行段階・診療の流れ

歯周病の基礎知識

歯周病の基礎知識

日本人の成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくはその手前といわれています。では、なぜこんなにたくさんの人が歯周病になるのでしょうか? 以下では歯周病の原因と進行段階、治療法についてご説明します。

歯周病の原因は?

歯周病の原因は?

歯周病とは、プラークに潜む歯周病菌によって引き起こされる病気です。食事後に歯や歯の間や歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に食べかすが残っていると、それがプラークや歯石となり固着。プラークの中にひそむ歯周病菌が毒素を出すと歯ぐきは炎症を起こし、ブラッシング時などに出血するようになります。

歯周病の進行段階

歯周病は進行性の病気です。歯ぐきの腫れといった症状がかるいうちに、早めに当院までご相談ください。早く治療すればそのぶん治療期間が短く済み、通院の手間や治療費 もかからずに済みますよ。

進行段階 症状
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきが炎症を起こし、ブラッシング時に出血しやすくなります。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが腫れ、歯磨きの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶かされた状態で、歯を指で押すとグラつくようになります。歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶かされた状態で、歯のグラつきがひどくなります。この状態を放置すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の治療方法

スケーリング
歯周病の治療方法
歯と歯ぐきの間や歯周ポケットなどにたまった歯石を、スケーラーという器具を使って除去します。これを「スケーリング」といいます。
ルートプレーニング
歯周病の治療方法
スケーリングでは取り切れない歯周ポケットの奥に溜まったプラークや歯石をとる処置です。
詰め物・被せ物
歯周病の治療方法
詰めものや被せものの隙間に食べかすが詰まり、そこから歯周病になることもあります。詰め物や被せ物のチェックを行い、必要に応じて調整や作り直しをご提案しています。
PICK UP 痩せた歯ぐきは再生できます

歯周病が悪化し重度になると、歯周ポケットが深すぎて歯ぐきが下がり見るに堪えない状態になってしまいます。そこで歯周組織を回復するエムドゲイン法を行っています。

【エムドゲイン法とは】
歯肉を切開し、歯根にこびりついた歯石をキレイに取り除いたあと、エムドゲインゲルという薬剤を注入し、歯周組織を再生させることができます。

歯周病予防のために今日からできること